開催概要

情報通信技術の発展は、データ科学という新たなツールの発展を産み、理工学分野で多大な成果をおさめつつある。近年では人間・社会科学の分野においても大規模データの収集が可能となり、データ科学の応用が期待されている。本セミナーでは、空間データ分析、社会調査、マーケティング、計量経済学におけるデータ科学の応用研究を紹介し、人間と社会分野における新たな発展を展望する。


日時
2020年7月29日(水)
13:00–15:00
配信元
東北大学片平キャンパス 知の館
(TOKYO ELECTRON House of Creativity)
〒980–8577 仙台市青葉区片平2丁目1–1
定員
200名 (先着順・要申込)
主催
東北大学 研究推進・支援機構知の創出センター
共催
東北大学 大学院経済学研究科
東北大学 大学院情報科学研究科
東北大学 サイバーサイエンスセンター
東北大学 データ駆動科学・AI教育研究センター
東北大学 材料科学高等研究所 / 数理科学オープンイノベーションセンター
東北大学 流体科学研究所
東北大学 金属材料研究所計算物質科学人材育成コンソーシアム
東北大学 ナレッジキャスト株式会社

プログラム

総合司会・進行 松田 安昌 (東北大学 大学院経済学研究科 教授)


13:00–13:30
社会科学における空間データ分析と幸福度研究への応用

松田 安昌 (東北大学大学院 経済学研究科 教授)
[動画] [PDF] [講師紹介]

13:30–14:00
質問紙設計の実験室としてのウェブ調査

木村 邦博 (東北大学大学院 文学研究科 教授)
[動画] [PDF] [講師紹介]

14:00–14:30
超スマート社会と生活者理解

石垣 司 (東北大学大学院 経済学研究科 准教授)
[動画] [PDF] [講師紹介]

14:30–15:00
経済データ分析における多重比較の問題とノックオフ法

植松 良公 (東北大学大学院 経済学研究科 准教授)
[動画] [PDF] [講師紹介]

参加申込

参加無料・要申込 (200名)

参加申込は締め切りました。お申し込みありがとうございました。

お問い合わせ

東北大学 研究推進・支援機構 知の創出センター
Email: tfc_webinar1★grp.tohoku.ac.jp【★を@に変更してください】