特定非営利活動法人natural scienceと東北大学の社会連携事業による、「アイディアを形に」をコンセプトに、スキルやノウハウ等の地域資源を共有化しながら、知的好奇心がもたらす成長の連鎖を生み出すことを目指した「科学・技術の地産地消」ワークショップが11月より開講されました。
このうち、来年1月~3月にかけて3回の講座が知の館(TOKYO ELECTERON House of Creativity)を会場に開催されます。
対象は主に大学生・大学院生、社会人等で、どなたでも好きなWSに参加したり自分でWSを開くことができる勉強会形式です。

flyerポスター[拡大]

■知の館開催分 ワークショップ日時
  • 2016年1月18日(月)19:00~21:00
    講座名:【Arduinoで簡単データ取得】照度センサー編
  • 2016年2月22日(月)19:00~21:00
    講座名:【測定機器で高精度データ取得】オシロスコープ&ファンクション・ジェネレータ入門
  • 2016年3月22日(火)19:00~21:00
    講座名:【IoTに挑戦!】様々な音を解析しよう
■場所

東北大学片平キャンパス 知の館 3階講義室
[アクセスマップ]

■入場無料

(お申込みが必要です)

■主催

特定非営利活動法人 natural science
東北大学

■共催

東北大学 マイクロシステム融合研究開発センター
東北大学原子分子材料科学高等研究機構 (AIMR)
東北大学知の創出センター
東北大学多元物質科学研究所
公益社団法人 応用物理学会東北支部

■お申込み先・詳細

サイエンスコミュニティ

■お問合せ

info[at]natural-science.or.jp
*[at]を@に置き換えてください。

■備考
  • 当日撮影させていただいた写真は、本イベント関連媒体にて使用させていただく場合があります。
  • 本イベントは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成地域型」の支援を受けて実施致します。