東北大学知のフォーラムとは?

東北大学は、研究の成果を人類社会が直面する諸課題の解決に役立て、国際社会を先導する指導的グローバル人材の育成を目指しています。この目標を実現するため、東北大学は主要政策として、国際的な頭脳循環のハブとして世界に飛躍することを目標に、「知のフォーラム」を推進することとしました。

>>LINK

TFCフレンドとは?

東北大学知のフォーラム(Tohoku Forum for Creativity)=TFCの活動を支援し、一緒に盛り上げて頂ける方を「TFCフレンド」として募集しています。登録費・会費などは一切かかりません。TFCフレンドへご登録頂いた方には、知のフォーラムが企画する公開講座開催のご案内などを、随時ご連絡させて頂きます。

>>LINK

TFCフレンド基金

東北大学は、知のフォーラムが目指す社会貢献を推進するため「TFCフレンド基金」を立ち上げました。研究者の招聘、公開講座・シンポジウムの企画・開催など知のフォーラムの運営を通して、国際学術・文化都市形成の推進と、世界で活躍する次世代の育成を支援します。皆様からの温かいご支援とご協力をお待ちしております。

>>LINK

whatsnew 最新情報

東北大学知のフォーラム5周年記念特別講演会「Genome Editing」(7/29開催)


遺伝情報を高い精度で改変する技術であるゲノム編集は、今や医学生命基礎科学のツールとしてだけでなく、遺伝子治療や農畜産物の育種への応用研究が急速に進められています。本特別講演会では、CRISPR/Cas9の特質をゲノム編集に活かし、数々の国際賞を受賞されたジェニファー・ダウドナ博士を東北大学にお招きし、ゲノム編集を利用した医学生命科学研究を推進する研究者とともに、ゲノム編集の将来について展望します。
ノーベル賞受賞間違いなしという著名女性研究者の滅多にない来日講演ですので、どうぞ積極的にご参集ください。入場無料です。ポスター発表も若干名募集しております。

■日時:2018年(平成30年)7月29日(日)13:00-17:30

■会場:東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
    〒980-8576 仙台市青葉区川内40 [アクセスマップ]

■入場無料(要参加申込):
WEBサイトの申込フォームよりお申し込みください。
[申込フォーム]

■詳細:http://www.tfc.tohoku.ac.jp/5th-anniv/doudna/

■ポスター:ダウンロード [




東北大学知のフォーラム5周年記念特別講演会 Thematic Program 2018 String-Math 2018 大栗博司レクチャー「9次元からきた男とは何者か?」 (6/23開催)


『9次元からきた男』は、物理学の究極の目標といわれる「万物の理論」をテーマに、今まで誰も見たことのないエンターテインメント作品を作ろうという企画で始まりました。一昨年東京で公開されて以来、国際プラネタリウム協会の2016年度最優秀教育作品賞など数々の賞を受賞し、米国、ヨーロッパ、インド、中国など全世界で上映されています。素粒子の活躍するミクロな世界から、星や銀河のマクロな世界、さらには宇宙の始まりであるビッグバンまでを、科学の最先端の知識と最高の映像技術で紹介します。映画上映に先立ち、科学監修を務めた大栗博司氏が、この映像作品の科学的意義について解説します。

■日時:2018年(平成30年)6月23日(土)
    10:00 – 11:30(開場9:30)

■会場:東北大学片平キャンパス 知の館(TOKYO ELECTRON House of Creativity)
    〒980-8577 仙台市青葉区片平2丁目1ー1
    TEL 022-217-6292 FAX 022-217-6293
    [会場までのアクセス]
    ※キャンパス内に駐車場はございません。

■内容:[講演] 9次元からきた男とは何者か?
        講師:大栗 博司 氏

    [映画上映] 『9次元からきた男』
          (フラット・スクリーン版)

■定員:90名(先着順・要申込)

■申込:WEBサイトの申込フォームよりお申し込みください。
    WEBサイト http://www.tfc.tohoku.ac.jp/5th-anniv/ooguri/

■詳細:(特設WEBサイト)http://www.tfc.tohoku.ac.jp/5th-anniv/ooguri/

■ポスター:ダウンロード [PDF]

■主催:東北大学研究推進・支援機構知の創出センター、東京エレクトロン株式会社

■問い合わせ先:
東北大学研究推進・支援機構知の創出センター事務室
TEL: 022-217-6091 FAX: 022-217-6097
Email: creativity★ml.tohoku.ac.jp【★を@に変更してください】

※この講演会は2018年知のフォーラムテーマプログラム「String-Math 2018」のスペシャルイベントの一つです。

※「知のフォーラム」とは、ノーベル賞受賞者など世界の第一級研究者と若手研究者や学生が日常的かつ機動的に柔軟な議論を行うことを通じて、人類共通の課題の解決に挑戦し、将来のグローバル・リーダーを養成するなど、国際的な頭脳循環のハブとして「知の飛躍」を創出する環境を醸成し、研究力強化を図る訪問滞在型研究プログラムです。
http://www.tfc.tohoku.ac.jp/


report 活動報告

東北大学知のフォーラム特別企画
「明日をソウゾウするあなたへ ~女性科学者への道案内~」を開催しました


 2018年3月3・4日の両日に渡り、東北大学知の館(TOKYO ELECTRON House of Creativity)をメイン会場とした、知のフォーラム特別企画「明日をソウゾウするあなたへ ~女性科学者への道案内~」を開催し、北は岩手県、南は香川県から15名の女子高校生が参加いたしました。

 開会の挨拶では、今回のイベントのナビゲーターでもある医学系研究科教授の大隅先生より、この「明日をソウゾウするあなたへ ~女性科学者への道案内~」では、ソウゾウは英語で“クリエーション”及び“イマジネーション”、この2つの意味をみなさんに活かしてほしい」というメッセージを伝えました。大学への進学はゴールではなく、その後こそ大きな道が待っていると、暖かいエールが参加者に送られました。

 知の創出センターは今年4月に創立記念5周年を迎えることになりました。本センターの房木ノエミより、これまでの知の創出センター、そしてこれからの活動についてまとめてご紹介しました。また、ご来賓として東京エレクトロンからお越しになった山本智子様からは、女子エンジニアとしてのキャリア形成や社内の雰囲気について語って頂きました。

 前半の講演会では、環境科学研究科教授の松八重一代先生から「サプライチェーンを紐解くことで見える資源利用に関わる環境・社会影響」と題してご講演頂きました。松八重先生は、物に組み立てられる資源の流れに関して研究されており、ニッケル・鉄を例としてものづくりのコストパフォーマンス、環境への責任について語ってくださいました。

松八重一代先生(環境科学研究科 教授)

国松志保先生(東北大学病院眼科 講師)

 次に東北大学病院眼科講師の国松志保先生から「視野狭窄患者の自動車運転能力」と題してご講演頂きました。国松先生が、視覚にはっきり見えていない患者は自動車運転トラブルとの関連を気づき、ドライビングシミュレーションを利用して、視野狭窄の部分と運転の事故について研究をされています。

 最後に本学の女子研究者の先輩たち「東北大学サイエンス・エンジェル(SA)」から、理系を選んだ動機や今の専門で良かった点、現在の研究やそれに関わる日々などを分かりやすく話していただきました。

サイエンス・エンジェル(SA)の活動紹介

熱心に話を聞く女子高校生

 講演会の後は、グループ討議の会場へ移動し、3グループに分かれて「高校において、リケジョ・理系進学者の数を拡大するための具体的取り組みについて」という内容のディスカッションが行われました。全国から集まった参加者からは、幅広い話題が提供され、各学校の例を挙げ意見交換するなど、活発な議論が行われました。
 翌日は、ディスカッションの内容を各グループでまとめたものが発表され、学校側、大学側、企業側へ、女子高校生ならではの鋭い指摘と具体的な解決策が出され、とても盛り上がるグループ討議となりました。



 イベントの最後は、実際に東北大学の実験室をもっとイメージしやすくするため、東北大学医学研究科大隅典子先生、及び助教の吉川貴子先生、大学院生の舘花美沙子さんのご協力のもと、研究室を見学させて頂きました。研究の流れを聞き、その後実験室を回って、実験装置に触れたり、機械を近くで観察したりすることができました。

発表を熱心に聞く女子高校生

見学の様子

 医学研究科の大隅先生、吉川貴子先生、舘花美沙子さん、誠にありがとうございました。



 本イベントは、来賓の東京エレクトロン株式会社山本様、小西様、ご講演頂いた松八重先生、国松先生をはじめ、医学研究科の大隅先生、知の創出センター副センター長の前田、知のフォーラムのプログラムコーディネータや、グループ討議でファシリテータを務めたサイエンス・エンジェルなど、様々な分野の先生・先輩方が一同に参加される機会とあって、イベント中には、女子高校生が活発に、先生方へ質問やお話をする姿も見られました。

 本イベントをきっかけとして、女性科学者のイメージが明確となり、また、広く全国から参加した皆さんが今後も友人関係を築けるよう、将来をソウゾウし、選んだ道を元気に前進していただけることを期待しています!

リンク:http://www.tfc.tohoku.ac.jp/asu-sozo/


特定のテーマプログラムへのご支援

TFCプログラムスポンサー

知のフォーラムへの包括的ご支援

TFCプレミアムスポンサー