2020年2月1日

市民公開講座 臨床宗教師とは?「スピリチュアルケアの最先端」を開催しました


 2020年2月1日(土)、TKPガーデンシティ仙台 ホール21A+Bにて、市民公開講座「スピリチュアルケアの最先端」が開催されました。 本イベントでは、一般の方向けに、臨床宗教師やスピリチュアルケアとは何か、また臨床宗教師として、がん患者として経験したことについて、東北大学大学院文学研究科宗教学専攻分野 兼 生死学・実践宗教学専攻分野の谷山洋三准教授、東北大学病院の臨床宗教師 金田諦晃さん、がん哲学外来 日和山カフェ副代表 西村和佳子さんの3名による講演が行われました。

 始めに、現在放映中のドラマの役柄監修もしておられる谷山先生から「臨床宗教師とスピリチュアルケア」というタイトルで、未だ国内ではあまり知られていない臨床宗教師やスピリチュアルケアとは何か、基礎知識からその本質に至るまで、さらに無宗教者の多い日本における生活や医療関係施設と宗教との関りについてご講演頂きました。

  • 中山啓子先生

    開会の挨拶
    東北大学大学院 医学系研究科 中山 啓子 先生

  • 谷山洋三先生

    谷山 洋三 先生
    東北大学大学院 文学研究科 准教授

 続いて、東北大学病院で臨床宗教師として実際に働いている金田さんから「東北大学病院での現場から」というタイトルで、病棟で経験したことや学んだことをありのままにお話しいただきました。当然ですが、その話しぶりには大変リアリティがあり、僧侶である金田さんならではの思いが交えられた貴重なご講演となりました。

 3人目の講演者として、西村さんから「がん患者の立場から望むこと」というタイトルでご講演頂きました。西村さんは実際にがんを経験された方で、本人にしかわからない当時の苦悩や喜びなど様々な体験をお話しいただきました。当事者でなければ想像もつかない体験に、聴講者の方々も考えさせられる場面が多かったのではないでしょうか。

  • 西村和佳子さん

    金田 諦晃さん
    臨床宗教師

  • 金田諦晃さん

    西村 和佳子さん
    がん哲学外来 日和山カフェ副代表

 最後に質疑応答の時間が設けられ、沢山の質問が先生方に投げかけられました。来場者には医療関係者が多く参加されていたこともあり、医療従事者という当事者目線での質問の数々とその回答は非常に興味深いものでした。

 日本では信心深く宗教を信仰している人は少なく、またそれについて考える機会もなかなかないと思います。同様に、臨床宗教師の存在を考える機会もあまりないと思います。本イベントが来場者の方々にとって、宗教や臨床宗教師、スピリチュアルケアのあり方について考えるきっかけになったことでしょう。一般の方には、なかなか知るのが難しい分野ついて知る貴重な機会となったと思います。沢山のご来場、有難うございました。

  • 石田涼華さん

    石田涼華さん
    質疑応答の回答者

  • 前田吉昭

    閉会の挨拶
    前田 吉昭 先生 知の創出センター 副センター長

リンク: http://www.tfc.tohoku.ac.jp/event/4247.html